VMFS ファイル システムには、その導入時以降、いくつかのバージョンが公開されています。ESXi は VMFS3、VMFS5、および VMFS6 をサポートしています。

すべての VMFS バージョンで、ESXi は読み取りおよび書き込みを完全にサポートします。VMFS のすべてのバージョンで、仮想マシンを作成してパワーオンできます。

表 1. ホスト アクセスと VMFS のバージョン

VMFS

ESXi

VMFS 6

読み取りおよび書き込み

VMFS5

読み取りおよび書き込み

VMFS3

読み取りおよび書き込み

注:

既存の VMFS3 データストアは引き続き使用できますが、新しい VMFS3 データストアを作成することはできません。既存の VMFS3 データストアが存在する場合、仮想マシンを VMFS6 データストアに移行します。

次の表では、VMFS5 と VMFS6 の主な特性を比較しています。詳細については、「構成の上限」を参照してください。

表 2. VMFS5 と VMFS6 の比較

機能

VMFS5

VMFS 6

ESXi 6.5 ホストへのアクセス

はい

はい

バージョン 6.0 以前の ESXi ホストへのアクセス

はい

いいえ

ホストあたりのデータストア

512

512

512n ストレージ デバイス

可(デフォルト)

はい

512e ストレージ デバイス

可。ローカル 512e デバイスではサポートされません。

可(デフォルト)

容量の自動再利用

いいえ

はい

esxcli コマンドを使用した手動による容量再利用。蓄積されたストレージ容量の手動による再利用を参照してください。

はい

はい

ゲスト OS からの容量の再利用

制限あり

はい

GPT ストレージ デバイスのパーティショニング

はい

はい

MBR ストレージ デバイスのパーティショニング

はい

以前に VMFS3 からアップグレードした VMFS5 データストア向け。

いいえ

各 VMFS エクステントにつき 2 TB を超えるストレージ デバイス

はい

はい

大容量の仮想ディスク、または 2 TB を超えるディスクを持つ仮想マシンのサポート

はい

はい

1 KB の小さなファイルのサポート

はい

はい

ATS をサポートするストレージ デバイスで ATS のみのロック メカニズムをデフォルトで使用。VMFS のロック メカニズムを参照してください。

はい

はい

ブロック サイズ

標準の 1 MB

標準の 1 MB

デフォルトのスナップショット

2 TB より小さい仮想ディスクの場合は VMFSsparse。

2 TB より大きい仮想ディスクの場合は SEsparse。

SEsparse

仮想ディスクのエミュレーションのタイプ

512n

512n

vMotion

はい

はい

異なるデータストア タイプ間の Storage vMotion

はい

はい

High Availability および Fault Tolerance

はい

はい

DRS および Storage DRS

はい

はい

RDM

はい

はい

VMFS5 データストアおよび VMFS6 データストアを使用するときは、次の点に注意してください。

  • アップグレード。ESXi ホストをバージョン 6.5 にアップグレードした後でも、既存の VMFS5 データストアを使用し続けることができます。VMFS6 の機能を活用するには、VMFS6 データストアを作成し、仮想マシンを VMFS5 データストアから VMFS6 データストアに移行します。VMFS5 データストアを VMFS6 にアップグレードすることはできません。

  • データストア エクステント。複数にまたがる VMFS データストアでは、同種のストレージ デバイスである 512n または 512e のみを使用する必要があります。複数にまたがるデータストアは、異なる形式のデバイスに拡張できません。

  • ブロック サイズ。VMFS データストアのブロック サイズにより、最大ファイル サイズとファイルが占める容量が定義されます。VMFS5 データストアと VMFS6 データストアは、1 MB のブロック サイズをサポートしています。

  • Storage vMotion。Storage vMotion は、VMFS データストア、vSAN データストア、Virtual Volumes データストア間の移行をサポートしています。vCenter Server は互換性チェックを実行し、異なるタイプのデータストア間の Storage vMotion を検証します。

  • ストレージ DRS:VMFS5 と VMFS6 は、同じデータストア クラスタに共存できます。ただし、クラスタ内のすべてのデータストアでは、同種のストレージ デバイスである 512n または 512e のいずれかを使用する必要があります。同じデータストア クラスタ内で異なる形式のデバイスを混在させないでください。