このドキュメントでは、ポートとはデバイスから SAN への接続を指します。SAN の各ノード、たとえばホスト、ストレージ デバイス、またはファブリック コンポーネントには、それぞれを SAN に接続する 1 つ以上のポートがあります。ポートは、いくつかの方法で識別できます。

WWPN (World Wide Port Name)

グローバルで一意なポート ID であり、特定のアプリケーションがポートにアクセスできるようにします。FC スイッチは、デバイスまたはホストの WWPN を検出し、ポート アドレスをデバイスに割り当てます。

Port_ID (またはポート アドレス)

SAN では各ポートに一意のポート ID があり、ポートの FC アドレスとして機能します。この一意の ID によって、SAN 経由でそのポートにデータをルーティングできます。デバイスがファブリックにログインしたときに、FC スイッチはポート ID を割り当てます。ポート ID は、デバイスがログインしている間だけ有効です。

NPIV (N-Port ID Virtualization) を使用する場合、いくつかの WWPN を使用して 1 つの FC HBA ポート (N-port) をファブリックに登録できます。この方法により、N-port は複数のファブリック アドレスの獲得が可能で、それぞれのアドレスは固有のエンティティとして認識されます。ESXi ホストが SAN を使用している場合、これらの複数の一意の ID によって、構成の一環として各仮想マシンに WWN を割り当てることができます。