VMFS6 データストアを作成するとき、自動的な容量の再利用のデフォルト パラメータを変更することができます。また、VMFS6 データストアの容量の再利用を無効にしたり、詳細設定や優先順位を変更することもできます。

手順

  1. vSphere Web Clientナビゲータで、グローバル インベントリ リスト > データストア の順に選択します。
  2. 新規データストア アイコンをクリックします。
  3. VMFS6 データストアの作成に必要な手順を実行します。
  4. パーティション設定 ページで、容量再利用のパラメータを指定します。

    パラメータでは、精度と容量再利用の操作が実行される率を定義します。このページを使用して、データストアの容量再利用を無効にすることもできます。

    オプション

    説明

    ブロック サイズ

    VMFS データストアのブロック サイズでは、最大ファイル サイズとファイルが使用する容量を定義します。VMFS6 では、1 MB のブロック サイズをサポートしています。

    容量再利用の精度

    マッピング解除操作の精度を指定します。マッピング解除の精度はブロック サイズ (1 MB) に対応します。

    1 MB より小さいサイズのストレージ セクターは再利用されません。

    容量再利用の優先度

    次のいずれかのオプションを選択します。

    • 低(デフォルト)。マッピング解除操作を低率で処理します。

    • なし。データストアで容量再利用の操作を無効にする場合は、このオプションを選択します。

  5. データストアの作成プロセスを完了します。

タスクの結果

容量再利用を有効にしたら、VMFS6 は未使用容量の指定されたブロックを自動的にストレージ アレイに開放できます。