仮想ディスクを作成またはクローン作成する場合、-d|--diskformat サブオプションを使用して、ディスク フォーマットを指定できます。

次のフォーマットから選択します。

  • zeroedthick(デフォルト):仮想ディスクに必要な容量は、作成中に割り当てられます。物理デバイスに残っているあらゆるデータは、作成中には消去されませんが、仮想マシンへ初めて書き込みを行うときに必要に応じてゼロアウトされます。仮想マシンがディスクから古いデータを読み取ることはありません。

  • eagerzeroedthick:仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。zeroedthick フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、作成時に消去されます。ほかのタイプのディスクに比べて、ディスクの作成に非常に長い時間がかかることがあります。

  • thin:シン プロビジョニング仮想ディスクです。thick フォーマットの場合と異なり、仮想ディスクに必要な容量は作成時に割り当てられませんが、必要に応じて割り当てられ、消去されます。

  • rdm:device:仮想互換モードの Raw ディスク マッピングです。

  • rdmp:device:物理互換モード(パススルー)の Raw ディスク マッピングです。

  • 2gbsparse:最大エクステント サイズ 2 GB のスパース ディスクです。VMware Fusion などのホスト型 VMware 製品でこのフォーマットのディスクを使用できます。ただし、thickまたはthinなどの互換性フォーマットで vmkfstools でディスクを最初に再インポートしない場合には、ESXi ホストでスパース ディスクをパワーオンにできません。

NFS データストアでのディスク フォーマット

NFS に使用できるディスク フォーマットは thinthickzeroedthick、および 2gbsparse のみです。

ESXi ホストではなく NFS サーバが割り当てポリシーを決定するため、Thickzeroedthick、および thin フォーマットは、通常、同様に動作します。ほとんどの NFS サーバのデフォルトの割り当てポリシーは thin です。ただし、 Storage APIs - Array Integration をサポートする NFS サーバで、仮想ディスクを zeroedthick フォーマットで作成できます。予約スペース操作により、NFS サーバはスペースを割り当てて保証することが可能となります。

アレイ統合 API の詳細については、ストレージのハードウェア アクセラレーションを参照してください。