iSCSI の物理ネットワーク アダプタを 2 つ以上使用する場合に、このタスクを利用します。物理アダプタはすべて 1 台の vSphere Standard スイッチに接続する必要があります。このタスクでは、物理アダプタおよび VMkernel アダプタを既存の vSphere 標準スイッチに追加します。

前提条件

iSCSI トラフィック用に指定された単一の物理ネットワーク アダプタに iSCSI VMkernel アダプタをマッピングする vSphere 標準スイッチを作成します。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. ネットワーク で、仮想スイッチ をクリックし、変更する vSphere スイッチをリストから選択します。
  4. 追加のネットワーク アダプタをスイッチに接続します。
    1. ホスト ネットワークの追加 アイコンをクリックします。
    2. 物理ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
    3. 既存のスイッチを使用していることを確認し、次へ をクリックします。
    4. アダプタの追加 アイコンをクリックし、iSCSI に使用する 1 つ以上のネットワーク アダプタ (vmnic#) を選択します。

      依存型ハードウェア iSCSI アダプタの場合は、対応する iSCSI コンポーネントがある NIC だけを選択します。

    5. 構成を完了し、終了 をクリックします。
  5. 追加したすべての物理ネットワーク アダプタに iSCSI VMkernel アダプタを作成します。

    VMkernel インターフェイスの数は、vSphere 標準スイッチ上の物理ネットワーク アダプタの数に対応している必要があります。

    1. ホスト ネットワークの追加 アイコンをクリックします。
    2. VMkernel ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
    3. 既存のスイッチを使用していることを確認し、次へ をクリックします。
    4. 構成を完了し、終了 をクリックします。

次のタスク

すべての VMkernel アダプタ用のネットワーク ポリシーを変更して、各 VMkernel アダプタに対してアクティブな物理ネットワーク アダプタが 1 つのみになるようにします。そのあとで、iSCSI VMkernel アダプタをソフトウェア iSCSI アダプタまたは依存型ハードウェア iSCSI アダプタにバインドできます。