ハードウェア アクセラレーションによって、ホストはブロック ストレージ デバイス、ファイバ チャネルまたは iSCSI と統合して、特定のストレージ アレイ操作を使用できます。

ESXi ハードウェア アクセラレーションは次のアレイ操作をサポートします。

  • Full Copy。クローン ブロックまたはコピー オフロードとも呼ばれます。ホストにデータの読み込みや書き出しを実行させることなく、ストレージ アレイはアレイ内のデータをフル コピーできます。この操作によって、仮想マシンのクローン作成、テンプレートからのプロビジョニング、vMotion を使用した移行のときに、時間が短縮され、ネットワークの負荷が軽減されます。

  • Block Zeroing。Write Same とも呼ばれます。以前に書き込まれたデータが存在しない、新たに割り当てられたストレージを提供するために、ストレージ アレイは多数のブロックをゼロクリアできます。この操作によって、仮想マシンの作成と仮想ディスクのフォーマットのときに、時間が短縮し、ネットワークの負荷が軽減されます。

  • Hardware Assisted Locking。Atomic Test and Set(ATS)とも呼ばれています。SCSI 予約を使用することなく、個別の仮想マシンのロックをサポートします。この操作によって、SCSI 予約のときのように LUN 全体ではなく、セクターごとにディスクをロックできます。

ハードウェア アクセラレーションのサポートについては、ベンダーにご確認ください。一部のストレージ アレイは、ストレージ側でサポートを有効にする必要があります。

ホストでは、ハードウェア アクセラレーションはデフォルトで有効になっています。ストレージがハードウェア アクセラレーションをサポートしない場合には、無効にできます。

ハードウェア アクセラレーションに加えて、ESXi ではアレイ シン プロビジョニングをサポートしています。詳細については、ESXi とアレイ シン プロビジョニング を参照してください。