iSCSI 起動パラメータを構成して ESXi ホストが iSCSI LUN から起動できるようにします。

手順

  1. Fast!UTIL オプション メニューから、構成設定 > iSCSI 起動設定 を選択します。
  2. SendTargets を設定する前に、アダプタの起動モードを 手動 に設定します。
  3. プライマリ起動デバイス設定 を選択します。
    1. 検出する ターゲット IP および ターゲット ポート を入力します。
    2. 起動 LUN パラメータと iSCSI 名 パラメータを構成します。
      • ターゲット アドレスで 1 つの iSCSI ターゲットと 1 つの LUN しか利用できない場合は、起動 LUNiSCSI 名 は空のままにしてください。

        ホストがターゲット ストレージ システムに到達すると、これらのテキスト ボックスに適切な情報が設定されます。

      • 複数の iSCSI ターゲットと LUN が利用できる場合は、起動 LUNiSCSI 名 の値を指定します。

    3. 変更内容を保存します。
  4. iSCSI 起動設定 メニューからプライマリ起動デバイスを選択します。

    HBA の自動再スキャンによって新しいターゲット LUN が検出されます。

  5. iSCSI ターゲットを選択します。

    複数の LUN がターゲット内にある場合は、iSCSI デバイスを見つけてから、Enter キーを押すと、特定の LUN ID を選択できます。

  6. プライマリ起動デバイス設定 メニューに戻ります。再スキャン後、起動 LUN および iSCSI 名 フィールドに値が設定されます。起動 LUN の値を目的の LUN ID に変更します。