この例では、ESXi を SAN ブートするように QLogic HBA を設定する方法を説明します。この手順では、QLogic HBA BIOS を有効にし、選択可能な起動を有効にし、起動 LUN を選択します。

手順

  1. サーバが起動する間に、Ctrl + Q を押して Fast!UTIL 構成ユーティリティを開始します。
  2. HBA の数に応じて、適切な操作を実行します。

    オプション

    説明

    1 つの HBA

    HBA が 1 つだけの場合、Fast!UTIL Options ページが表示されます。手順 3 に進みます。

    複数の HBA

    複数の HBA がある場合は、HBA を手動で選択します。

    1. ホスト アダプタの選択ページで矢印キーを使用して、適切な HBA にポインタを移動します。

    2. Enter を押します。

  3. Fast!UTIL Options ページで、構成設定 を選択し、Enter を押します。
  4. 構成設定ページで、アダプタの設定 を選択し、Enter を押します。
  5. SCSI デバイスを検索する BIOS を設定します。
    1. ホスト アダプタの設定ページで ホスト アダプタ BIOS を選択します。
    2. Enter を押して値を 有効 に切り替えます。
    3. Esc を押して終了します。
  6. 選択可能な起動を有効にします。
    1. 選択可能な起動の設定 を選択して Enter を押します。
    2. 選択可能な起動の設定ページで 選択可能な起動 を選択します。
    3. Enter を押して値を 有効 に切り替えます。
  7. ストレージ プロセッサ (SP) のリストで起動ポート名のエントリを選択し、Enter キーを押します。

    ファイバ チャネル デバイスの選択ページが開きます。

  8. 特定のストレージ プロセッサを選択し、Enter キーを押します。

    アクティブ-パッシブ ストレージ アレイを使用する場合、選択したストレージ プロセッサを起動 LUN への優先 (アクティブな) パスに置く必要があります。どちらのストレージ プロセッサがアクティブなパスにあるかわからない場合は、ストレージ アレイ管理ソフトウェアを使用して調べます。ターゲット ID は BIOS で作成され、再起動ごとに変わる可能性があります。

  9. ストレージ プロセッサに接続されている LUN の数に応じて、適切な操作を実行します。

    オプション

    説明

    LUN が 1 つの場合

    その LUN が起動 LUN として選択されます。LUN の選択ページを使用する必要はありません。

    LUN が複数の場合

    LUN の選択ページが開きます。ポインタを使用して起動 LUN を選択し、Enter キーを押します。

  10. その他のストレージ プロセッサがリストに表示される場合は、C を押してデータをクリアします。
  11. Esc を 2 回押して終了し、Enter を押して設定を保存します。