ソフトウェア FCoE アダプタを有効にする前に、ホストにインストールされているすべての物理 FCoE NIC に VMkernel ネットワーク アダプタを作成します。

このタスクについて

この手順では、単一の FCoE 物理ネットワーク アダプタに vSphere Standard スイッチを介して接続された単一の VMkernel ネットワーク アダプタの作成方法を説明します。ホストに複数のネットワーク アダプタがある場合、またはアダプタに複数のポートがある場合、それぞれの FCoE NIC を別々の標準スイッチに接続します。詳細については、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. アクション > ネットワークの追加 の順にクリックします。
  3. VMkernel ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
  4. 新しい標準スイッチ を選択して、vSphere Standard スイッチを作成します。
  5. [請求されていないアダプタ] で、FCoE をサポートするネットワーク アダプタ (vmnic#) を選択して、割り当て をクリックします。

    [アクティブ アダプタ] にアダプタが割り当てられていることを確認します。

  6. ネットワーク ラベルを入力します。

    ネットワーク ラベルは、「FCoE」など、作成する VMkernel アダプタを識別する分かりやすい名前です。

  7. VLAN ID を指定し、次へ をクリックします。

    FCoE トラフィックに、分離されたネットワークが必要です。入力する VLAN ID が、ホストで通常のネットワークに対して使用されるものとは異なることを確認します。詳細については、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。

  8. 設定が完了したら情報を確認して、終了 をクリックします。

タスクの結果

これで、ホストにインストールされた物理 FCoE ネットワーク アダプタ用の仮想 VMkernel アダプタが作成されました。

注:

FCoE トラフィックの中断を防ぐため、FCoE ネットワークを設定した後は、FCoE ネットワーク アダプタ (vmnic#) を vSphere Standard スイッチから外さないでください。