VMFS データストアからファイルを削除すると、ファイル システム内の容量が解放されます。この空き容量は、ファイル システムが解放またはマッピング解除するまで、ストレージ デバイスにマッピングされます。ESXi は、マッピング解除操作とも呼ばれる空き容量の再利用をサポートしています。

この操作により、ストレージ アレイは未使用の空き容量を再利用できるようになります。マッピング解除された容量は、他のストレージ割り当て要求やニーズに使用できます。

VMFS6 データストアでの空き容量の非同期再利用

ESXi は、VMFS6 データストアで、空き容量の自動の非同期再利用をサポートしています。VMFS6 は、マッピング解除操作をサポートするシンプロビジョニング ストレージ アレイで、unmap コマンドを実行し、ストレージの空き容量をバックグラウンドで解放できます。

非同期のマッピング解除処理には、いくつかの利点があります。

  • マッピング解除要求は一定速度で送信されるため、バッキング アレイでの短期間のロードを回避できます。

  • 解放された領域は一括処理され、同時にマッピング解除されます。

  • マッピング解除処理と I/O パスの切り詰めは分離されているため、I/O パフォーマンスが影響を受けることはありません。

VMFS6 データストアの場合、データストア作成時に、次の容量再利用パラメータを設定できます。

容量再利用の精度

精度では、基盤となるストレージが再利用できる、解放される最小サイズのセクターを定義します。ストレージは、指定した精度より小さいサイズのセクターを再利用できません。

VMFS6 の場合、再利用の精度はブロック サイズと同じです。1 MB のブロック サイズを指定すると、精度も 1 MB になります。1 MB より小さいサイズのストレージ セクターは再利用されません。

注:

特定のストレージ アレイでは、最適なマッピング解除の精度が推奨されます。推奨されたマッピング解除の精度が 1 MB より大きい(たとえば 16 MB)場合、ESXi は、これらのアレイで自動のマッピング解除処理をサポートしません。最適な精度が 1 MB 以下のアレイでは、精度が 1 MB の倍数である場合、マッピング解除処理がサポートされます。たとえば、1 MB は 512 バイト、4 K、64 K などで割り切れます。

容量再利用の優先度

このパラメータでは、容量再利用の操作が実行される頻度を定義します。通常 VMFS6 は、ワークロードと設定に応じて、一斉にまたは散発的に unmap コマンドを送信できます。VMFS6 データストアを作成するとき、次のいずれかのオプションを指定できます。

  • なし。データストアでマッピング解除操作を無効にします。オプションは vSphere Web Client で設定できます。

  • 低(デフォルト)。unmap コマンドを低頻度で送信します。オプションは vSphere Web Client で設定できます。

VMFS5 データストアでの空き容量の手動再利用

VMFS5 以前のファイル システムでは、空き容量を自動的にマッピング解除しませんが、esxcli storage vmfs unmap コマンドを使用して、容量を手動で再利用できます。コマンドを使用する場合は、多数のマッピング解除要求が一度に送信される可能性があることに注意してください。このアクションにより、操作中に一部のリソースがロックされる場合があります。