Virtual Volumes でレプリケーションを行えるようにする場合は、Virtual Volumes の一般的な要件のほかに、特定の要件をいくつか満たす必要があります。

Virtual Volumes の要件については、Virtual Volumes を有効にする前にを参照してください。

ストレージ要件

Virtual Volumes レプリケーションの実装はアレイに依存しており、ストレージ ベンダーによって異なる場合があります。すべてのベンダーに適用される一般的な要件を次に示します。

  • レプリケーションの実装に使用するストレージ アレイが、Virtual Volumes に対応していなければなりません。

  • Virtual Volumes レプリケーションと互換性があるストレージ (VASA) プロバイダに、アレイが統合されている必要があります。

  • ストレージ アレイがレプリケーションに対応しており、ベンダーが提供するレプリケーション メカニズムを使用するように構成されている必要があります。標準的な構成には、通常、1 つ以上のレプリケーション ターゲットが含まれます。レプリケートされたサイトとターゲット サイトのペアリングなど、必要な構成すべてをストレージ側で行う必要があります。

  • 該当する場合は、Virtual Volumes のレプリケーション グループとフォールト ドメインを、ストレージ側で事前構成する必要があります。

詳細については、ベンダーに問い合わせるか、VMware 互換性ガイドを参照してください。

vSphere の要件

  • Virtual Volumes のストレージ レプリケーションをサポートする vCenter Server および ESXi バージョンを使用します。6.5 リリースより前の vCenter Server および ESXi ホストでは、レプリケートされた Virtual Volumes ストレージがサポートされません。レプリケートされた仮想マシンを互換性のないホストで作成しようとすると、エラーが発生します。詳細については、『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

  • 仮想マシンを移行する場合は、ESXi ホスト、Virtual Volumes データストアなどのターゲット リソースによって、ストレージ レプリケーションがサポートされていることを確認します。