esxcli コマンドを使用して、I/O のスケジュール機能を変更できます。この機能はデフォルトで有効化されています。

このタスクについて

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

ファイルごとの I/O スケジュールを有効または無効にするには、次のコマンドを実行します。

オプション

説明

esxcli system settings kernel set -s isPerFileSchedModelActive -v FALSE

ファイルごとの I/O スケジュールの無効化

esxcli system settings kernel set -s isPerFileSchedModelActive -v TRUE

ファイルごとの I/O スケジュールの有効化