ストレージ マルチパスを管理するには、ESXi は、プラグイン可能なストレージ アーキテクチャ (PSA) とも呼ばれる Storage API の集合を使用します。PSA は、複数のマルチパス プラグイン (MPP) の動作を同時に調整するオープン モジュラー フレームワークです。PSA を使用することで、サードパーティ製ソフトウェアの開発者は、特定のストレージ アレイに対する独自のロード バランシング技術やフェイルオーバー メカニズムを設計できます。ESXi ストレージの I/O パスには、サードパーティ コードを直接挿入できます。

パスの管理を説明するトピックでは、次の略語を使用します。

表 1. マルチパスに関する略語

略語

定義

PSA

プラグ可能ストレージ アーキテクチャ

NMP

ネイティブ マルチパス プラグイン。汎用的な VMware のマルチパス モジュールです。

PSP

パス選択プラグイン。パス選択ポリシーとも呼ばれます。指定したデバイスに対するパスの選択を処理します。

SATP

ストレージ アレイ タイプ プラグイン。ストレージ アレイ タイプ ポリシーとも呼ばれます。指定したストレージ アレイに対するパスのフェイルオーバーを処理します。

ESXi がデフォルトで提供する VMkernel マルチパス プラグインは、VMware ネイティブ マルチパス プラグイン (NMP) です。NMP は、サブプラグインを管理する拡張可能なマルチパス モジュールです。NMP のサブプラグインには、ストレージ アレイ タイプ プラグイン (SATP) およびパス選択プラグイン (PSP) の 2 種類があります。SATP および PSP は、VMware が組み込み式で提供するものと、サードパーティが提供するものがあります。

マルチパス機能が必要な場合、サード パーティによる MPP も利用できます。サードパーティ製の MPP は、デフォルトの NMP に追加して実行することも、代替として実行することもできます。

VMware NMP およびインストールされたサードパーティ製の MPP を調整する場合、PSA は次のタスクを実行します。

  • マルチパス プラグインをロードおよびアンロードします。

  • 仮想マシンの特性を特定のプラグインで非表示にします。

  • 特定の論理デバイスに対する I/O 要求を、そのデバイスを管理する MPP にルーティングします。

  • 論理デバイスへの I/O キューを処理します。

  • 仮想マシン間で論理デバイスのバンド幅共有を実現します。

  • 物理ストレージの HBA への I/O キューを処理します。

  • 物理パスの検出と削除を処理します。

  • 論理デバイスおよび物理パスの I/O 統計を提供します。

プラグ可能ストレージ アーキテクチャの図に示すように、VMware NMP と並行して複数のサードパーティ製 MPP を実行できます。サードパーティ製の MPP をインストールすると、その MPP が NMP に代わってストレージ デバイスに関するパス フェイルオーバーおよびロード バランシングを制御します。

図 1. プラグ可能ストレージ アーキテクチャ
この図は、VMware NMP と並行して実行されているサードパーティ製 MPP を示しています。

マルチパス モジュールは次の操作を行います。

  • 物理パスの要求および要求解除を管理します。

  • 論理デバイスの作成、登録、および登録解除を管理します。

  • 物理パスを論理デバイスに関連付けます。

  • パスの障害検出および修正をサポートします。

  • 論理デバイスへの I/O 要求を処理します。

    • 要求にとって最適な物理パスを選択します。

    • ストレージ デバイスによっては、パスの障害や I/O コマンドの再試行を処理するのに必要となる特殊なアクションを実行します。

  • 論理デバイスのリセットなど、管理タスクをサポートします。