ESXi を SAN と併用すると、柔軟性、効率、信頼性が高まります。また ESXi を SAN と併用すると、統合管理、フェイルオーバー、およびロード バランシングのテクノロジーもサポートされます。

ESXi と SAN を併用すると、次のようなメリットがあります。

  • データを安全に格納し、ストレージへのパスを複数構成することで、単一点障害を除去できます。

  • SAN を ESXi システムと併用すると、サーバの耐障害性が得られます。SAN ストレージを使用すると、ホストで障害が発生した場合に、すべてのアプリケーションを別のホストですぐに再起動できます。

  • VMware vMotion を使用すると、仮想マシンをライブ移行できます。

  • VMware HA (High Availability)を SAN と併用すると、ホストで障害が発生した場合に、仮想マシンを最後の既知の状態で別のサーバ上で再起動できます。

  • VMware Fault Tolerance (FT)を使用すると、保護対象の仮想マシンを 2 台の異なるホストに複製できます。プライマリ ホストで障害が発生した場合、仮想マシンは中断せずにセカンダリ ホストで動作し続けます。

  • VMware DRS (Distributed Resource Scheduler)を使用すると、あるホストから別のホストに仮想マシンを移行してロード バランシングを実行できます。ストレージは共有 SAN アレイにあるため、アプリケーションはシームレスに実行を継続できます。

  • VMware DRS クラスタを使用している場合は、ESXi ホストをメンテナンス モードに切り替えて、すべての実行中の仮想マシンを別の ESXi ホストに移行します。その後、元のホストでアップグレードまたはその他のメンテナンス操作を実行できます。

このストレージが共有されているという特徴は、VMware 仮想マシンの移植性およびカプセル化でさらに強化されます。仮想マシンが SAN ベースのストレージにある場合、即座にあるサーバで仮想マシンをシャットダウンして別のサーバで起動したり、あるサーバで仮想マシンをサスペンドして同じネットワークの別のサーバで動作をレジュームしたりできます。この機能によって、共有アクセスを整合性のとれた状態で維持したまま、コンピューティング リソースを移行できます。