シン プロビジョニング統合機能によって、シン プロビジョニングされた LUN の容量使用を監視し、容量不足を回避することができます。

次のサンプル フローは、シン プロビジョニングされた LUN で、容量の違反および不足の警告を生成するために ESXi ホストとストレージ アレイが連携する方法を示しています。Storage vMotion を使用して、仮想マシンをシン プロビジョニング LUN に移行する場合、同じメカニズムが適用されます。

  1. ストレージ固有のツールを使用して、ストレージ管理者はシン LUN をプロビジョニングし、ソフトしきい値の制限を設定し、しきい値に達するとアラームを発するように設定します。この手順はベンダー固有です。

  2. vSphere Web Client を使用して、シン プロビジョニング LUN で VMFS データストアを作成します。データストアは、LUN がレポートする論理サイズ全体にまたがります。

  3. データストアで使用される容量が増加して、設定されたソフトしきい値に到達した場合、次のようなアクションを実行します。

    1. ストレージ アレイはホストに違反をレポートします。

    2. ホストはデータストアの警告アラームを発します。

      物理容量を増やすように、ストレージ管理者に連絡します。または、Storage vMotion を使用して、LUN の容量がなくなる前に仮想マシンを退避させることができます。

  4. シン プロビジョニング LUN に割り当てられた容量が残っていない場合、次のような操作を実行します。

    1. ストレージ アレイは、ホストに容量不足状態をレポートします。

      注意:

      場合によって、LUN がいっぱいになると、オフラインになるか、ホストからのマッピングが解除される場合があります。

    2. ホストは仮想マシンを休止し、容量不足アラームを生成します。

      ストレージ管理者に物理容量を要求することによって、永久的な容量不足状態を解決できます。