vSphere Web Client 内のソフトウェア iSCSI アダプタおよび依存型ハードウェア iSCSI アダプタでジャンボ フレームを有効にするには、最大転送ユニット(MTU)パラメータのデフォルト値を変更してください。

このタスクについて

iSCSI トラフィックに使用している vSphere スイッチの MTU パラメータを変更できます。詳細については、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. ネットワーク で、仮想スイッチ をクリックし、変更する vSphere スイッチをリストから選択します。
  4. 設定の編集 アイコンをクリックします。
  5. [プロパティ] ページで、MTU パラメータを変更します。

    この手順は、その標準スイッチ上のすべての物理 NIC に対して MTU を設定します。MTU 値は、標準スイッチに接続されているすべての NIC 間で最大の MTU サイズに設定されます。ESXi は、最大 9,000 バイトまでの MTU サイズをサポートします。