仮想マシンから Raw SAN LUN に直接アクセスできるようにするときは、VMFS データストアに配置され、LUN を参照する RDM ディスクを作成します。RDM は、新規仮想マシンの初期ディスクとして作成したり、既存の仮想マシンに追加したりすることができます。RDM を作成するときに、マッピングする LUN、および RDM を保存するデータストアを指定します。

このタスクについて

RDM ディスク ファイルの拡張子は通常の仮想ディスク ファイルと同じ .vmdk ですが、RDM に含まれるのはマッピング情報だけです。実際の仮想ディスクのデータは、LUN に直接格納されます。

この手順では、新しい仮想マシンを作成すると想定します。詳細については、『vSphere の仮想マシン管理』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックして、新規仮想マシン を選択します。
  2. 新規仮想マシンの作成 を選択し、次へ をクリックします。
  3. 仮想マシンの作成に必要な手順すべてを実行します。
  4. [ハードウェアのカスタマイズ] ページで、仮想ハードウェア タブをクリックします。
  5. (オプション) : システムがお使いの仮想マシン用に作成したデフォルトのハードディスクを削除するには、カーソルをディスクの上に移動し、削除 アイコンをクリックします。
  6. ページ下部の新規 ドロップダウン メニューから、RDM ディスク を選択し、追加 をクリックします。
  7. SAN デバイスまたは LUN のリストから、仮想マシンが直接アクセスする Raw LUN を選択して、OK をクリックします。

    仮想マシンをターゲット LUN にマッピングする RDM ディスクが作成されます。RDM ディスクが仮想デバイスのリストに新しいハード ディスクとして表示されます。

  8. 新規ハード ディスク の三角形をクリックして、RDM ディスクのプロパティを展開します。
  9. RDM ディスクの場所を選択します。

    RDM は、仮想マシンの構成ファイルと同じデータストアまたは異なるデータストアに配置できます。

    注:

    NPIV を有効にした仮想マシンで vMotion を使用するには、RDM ファイルと仮想マシン ファイルが同じデータストアにあることを確認してください。NPIV が有効なときに Storage vMotion を実行できません。

  10. 互換モードを選択します。

    オプション

    説明

    物理

    ゲスト OS がハードウェアに直接アクセスできるようにします。物理互換モードは、仮想マシンで SAN 認識アプリケーションを使用している場合に便利です。ただし、物理互換 RDM のある仮想マシンはクローン作成、テンプレートへの変換、または移行 (移行時にそのディスクのコピーを伴う場合) することはできません。

    仮想

    RDM を仮想ディスクのように機能させることができるため、スナップショット作成やクローン作成などの機能を使用できます。ディスクのクローンの作成またはディスクからのテンプレートの作成を行うと、LUN のコンテンツが .vmdk 仮想ディスク ファイルにコピーされます。仮想互換モードの RDM を移行するときは、マッピング ファイルを移行するか、LUN のコンテンツを仮想ディスクにコピーできます。

  11. 仮想互換モードを選択した場合は、ディスク モードを選択します。

    ディスク モードは、物理互換モードを使用する RDM ディスクには使用できません。

    オプション

    説明

    依存型

    依存型ディスクはスナップショットに含まれます。

    独立型:通常

    通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同様に動作します。通常モードのディスクに書き込まれたすべてのデータは、永続的にこのディスクに書き込まれます。

    独立型:読み取り専用

    読み取り専用モードのディスクへの変更は、仮想マシンをパワーオフまたはリセットしたときに破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想マシンを再起動するときに仮想ディスクが常に同じ状態になります。ディスクへの変更は REDO ログ ファイルに書き込まれ、このファイルから読み取られます。REDO ログ ファイルはパワーオフまたはリセット時に削除されます。

  12. OK をクリックします。