仮想マシン上のアプリケーションに対するストレージ要件が変わった場合、最初に仮想マシンに適用されたストレージ ポリシーを編集できます。

このタスクについて

パワーオフ状態またはパワーオン状態の仮想マシンのストレージ ポリシーを編集できます。

仮想マシン ストレージ ポリシーの割り当てを変更する際、同じストレージ ポリシーを仮想マシン構成ファイルと、そのすべての仮想ディスクに適用できます。異なるストレージ ポリシーを仮想マシン構成ファイルおよび仮想ディスクと関連付けることもできます。たとえば、仮想ディスクと構成ファイルのストレージ要件が異なる場合に、異なるポリシーを適用することがあります。

手順

  1. 仮想マシンを参照します。
    1. vSphere Web Client のホームで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー の順にクリックします。
    2. 変更するストレージ ポリシーをクリックします。
    3. 仮想マシン タブ > 仮想マシン の順にクリックします。

      このストレージ ポリシーを使用する仮想マシンのリストを確認できます。

    4. リストから、ポリシーを変更する仮想マシンを選択します。
  2. 構成 タブをクリックし、ポリシー をクリックします。
  3. 仮想マシン ストレージ ポリシーの編集 をクリックします。
  4. 仮想マシンの仮想マシン ストレージ ポリシーを指定します。

    オプション

    操作

    同じストレージ ポリシーをすべての仮想マシン オブジェクトに適用します。

    1. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、ポリシーを選択します。

    2. すべてに適用 をクリックします。

    さまざまなストレージ ポリシーを、仮想マシン ホーム オブジェクトおよび仮想ディスクに適用します。

    1. オブジェクトを選択します。

    2. [仮想マシン ストレージ ポリシー] 列で、ドロップダウン メニューからポリシーを選択します。

  5. Virtual Volumes ポリシーでレプリケーションを使用する場合は、レプリケーション グループを構成します。

    レプリケーション グループは、ターゲット サイトにまとめてレプリケートする必要のある仮想マシンと仮想ディスクを示します。

    1. 設定 をクリックして [仮想マシン レプリケーション グループの設定] ページを開きます。
    2. レプリケーション グループを指定します。

      オプション

      操作

      同じレプリケーション グループをすべての仮想マシン オブジェクトに割り当てます。

      共通のレプリケーション グループ を選択し、ドロップダウン メニューから事前設定済みグループまたは自動グループを選択します。

      さまざまなレプリケーション グループを、仮想マシン ホーム オブジェクトおよび仮想ディスクに割り当てます。

      1. ストレージ オブジェクトごとのレプリケーション グループ を選択します。

      2. 変更するオブジェクトを選択します。

      3. [レプリケーション グループ] 列で、ドロップダウン メニューからレプリケーション グループを選択します。

    3. OK をクリックします。
  6. OK をクリックして、仮想マシン ストレージ ポリシーの変更を保存します。

タスクの結果

ストレージ ポリシーが仮想マシンとそのディスクに割り当てられます。