ストレージ (VASA) プロバイダによって表されるエンティティについて、適切なプロバイダが登録されていることを確認します。ストレージ プロバイダが登録されたら、そのプロバイダが表すデータストアおよびデータ サービスに関する情報が仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに入力されます。

このタスクについて

ストレージ プロバイダを使用するエンティティには、vSAN、Virtual Volumes、I/O フィルタなどがあります。エンティティのタイプによって、一部のプロバイダは自動で登録されます。Virtual Volumes ストレージ プロバイダなど、その他のプロバイダは手動で登録する必要があります。ストレージ プロバイダが登録されたら、以下のデータを仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに提供します。

  • Virtual Volumes や vSAN などのデータストアのストレージ機能および特性

  • I/O フィルタの特性

前提条件

手動での登録が必要なストレージ プロバイダを登録します。詳細については、適切なドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter Server に移動して参照します。
  2. 構成 タブをクリックし、ストレージ プロバイダ をクリックします。
  3. [ストレージ プロバイダ] リストで、vCenter Server に登録されたストレージ プロバイダを確認します。

    このリストには、ストレージ プロバイダの名前、その URL およびステータス、プロバイダが表すストレージ エンティティなどの全般的な情報が表示されます。

  4. その他の詳細を表示する場合は、リストから特定のストレージ プロバイダまたはそのコンポーネントを選択します。