Storage Array Type Plug-in (SATP) は、アレイに固有の処理を行います。SATP は、VMware NMP のサブモジュールです。

ESXi は、VMware がサポートするすべてのタイプのアレイの SATP を提供します。ESXi はまた、アクティブ-アクティブ、アクティブ-パッシブ、ALUA (Asymmetric Logical Unit Access)、およびローカルの非固有デバイスをサポートする、デフォルトの SATP も提供します。

各 SATP は、それぞれ特定のクラスのストレージ アレイの特性に対応しています。SATP は、パスの状態の検出と無効なパスを有効にするための、アレイに固有の処理を実行できます。このため、NMP モジュール自体は、ストレージ デバイスの特性を認識しなくても、複数のストレージ アレイと連携できます。

通常、NMP は特定のストレージ デバイスに対してどの SATP を使用するかを決定し、そのストレージ デバイスの物理パスに SATP を関連付けます。SATP では、次のようなタスクを行います。

  • 各物理パスの健全性を監視します。

  • 各物理パスの状態の変化を報告します。

  • ストレージのフェイルオーバーに必要なアレイ固有のアクションを実行します。たとえば、アクティブ-パッシブ デバイスでは、パッシブ パスを有効にできます。

ESXi には、ストレージ アレイ用の一般的な SATP モジュールが含まれています。

VMW_SATP_LOCAL

ローカルの直接接続されたデバイスの SATP です。

vSphere 6.5 Update 2 リリース時点で、VMW_SATP_LOCAL は、4K ネイティブ フォーマットのデバイスを除いたローカル デバイスに対し、マルチパスのサポートを提供します。以前の vSphere リリースのように、ローカル デバイスへの複数のパスを要求するために、別の SATP を使用する必要はありません。

VMW_SATP_LOCAL は、VMW_PSP_MRU および VMW_PSP_FIXED パス選択プラグインをサポートしていますが、VMW_PSP_RR はサポートしていません。

VMW_SATP_DEFAULT_AA

アクティブ-アクティブ アレイの一般的な SATP です。

VMW_SATP_DEFAULT_AP

アクティブ-パッシブ アレイの一般的な SATP です。

VMW_SATP_ALUA

ALUA に準拠したアレイの SATP です。

詳細については、『VMware 互換性ガイド』および『vSphere Command-Line Interface リファレンス』ドキュメントを参照してください。