容量再利用の優先度では、VMFS6 データストアから削除されたブロックを、データストアをバッキングしている LUN で再利用する方法を定義します。デフォルトでは、LUN は容量再利用の操作を低い率で実行します。デフォルト設定を変更して、データストアに対する操作を無効にできます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストアを参照して移動します。
  2. 右クリック メニューから 領域再利用の編集 を選択します。
  3. 容量再利用の設定を変更します。

    オプション

    説明

    なし

    データストアで容量再利用の操作を無効にする場合は、このオプションを選択します。

    低(デフォルト)

    容量再利用を低率で実行します。

  4. OK をクリックして、新しい設定を保存します。

タスクの結果

容量再利用の優先度の変更された値が、データストアの 全般 ページに表示されます。