ここでは、ESXi と SAN が連携する場合の LUN の割り当て方法に関する全般的な情報について説明します。

LUN 割り当てを設定するときは、次のことに注意してください。

ストレージのプロビジョニング

起動時に ESXi システムが LUN を認識するように、SAN を ESXi システムに接続する前に、すべての LUN を適切な HBA にプロビジョニングします。

すべての LUN をすべての ESXi HBA に同時にプロビジョニングします。HBA フェイルオーバーは、すべての HBA が同じ LUN を参照している場合にのみ機能します。

複数のホストで LUN を共有する場合は、すべてのホストで LUN ID が同じである必要があります。

vMotion および VMware DRS

vCenter Server と vMotion または DRS を使用する場合は、仮想マシンの LUN がすべての ESXi ホストにプロビジョニングされていることを確認します。このアクションにより、仮想マシンを移動する機能が最大になります。

アクティブ-パッシブ アレイと比較したアクティブ-アクティブ アレイ

アクティブ-パッシブの SAN ストレージ デバイスで vMotion または DRS を使用する場合は、すべての ESXi システムが、すべてのストレージ プロセッサへの一貫したパスを保持するようにします。そうしない場合、vMotion の移行が行われるときに、パスのスラッシングが生じることがあります。

『ストレージ/SAN 互換性』にないアクティブ-パッシブ ストレージ アレイでは、ストレージ ポートのフェイルオーバーはサポートされません。この場合、サーバをストレージ アレイのアクティブなポートに接続する必要があります。この構成によって、LUN が ESXi ホストに確実に提供されます。