ESXi ホストで iSCSI ストレージを検出するには、あらかじめ iSCSI イニシエータを構成しておく必要があります。場合によっては、認証も設定しておく必要があります。

  • ソフトウェア iSCSI と依存型ハードウェア iSCSI の場合、VMkernel 用のネットワークを構成する必要があります。vmkping ユーティリティを使用して、ネットワーク構成を確認できます。ソフトウェア iSCSI および依存型 iSCSI では、IPv4 および IPv6 プロトコルがサポートされています。

  • 独立型ハードウェア iSCSI の場合、IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルト ゲートウェイなどのネットワーク パラメータを HBA で構成する必要があります。また、アダプタのネットワーク プロトコル、IPv4、または IPv6 を指定することもできます。

  • 必要に応じて、デフォルトのイニシエータ名を確認および変更します。

  • ストレージ システムの動的検出アドレスまたは静的検出アドレスおよびターゲット名を設定する必要があります。ソフトウェア iSCSI および依存型 iSCSI の場合には、vmkping を使用して、アドレスを ping 可能にします。

  • CHAP 認証については、イニシエータおよびストレージ システム側で有効にします。認証を有効にすると、未検出のターゲットすべてに対して適用されますが、検出済みのターゲットに対しては適用されません。検出アドレスが設定されると、新しく検出されたターゲットが公開され、その時点で使用できるようになります。

vmkping コマンドの使用方法の詳細については、当社のナレッジ ベースを検索してください。