タグを使用して、データストアに関する情報をエンコードします。データストアがストレージ プロバイダで示されず、仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスでそのサービスをアドバタイズしない場合に、タグが役立ちます。ストレージ プロバイダ経由で通信されないプロパティ(地理的場所や管理グループなど)を示す際に、タグを使用することもできます。

このタスクについて

一般的なストレージ情報を含む新しいタグをデータストアに適用できます。タグ、タグのカテゴリ、およびタグの管理方法の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントを参照してください。

前提条件

必要な権限:

  • ルート vCenter Server インスタンス上の vSphere タグ付け > vSphere タグの作成

  • ルート vCenter Server インスタンス上の vSphere タグ付け > vSphere タグ カテゴリの作成

  • ルート vCenter Server インスタンス上の vSphere タグ付け > vSphere タグの割り当てまたは割り当て解除

手順

  1. ストレージ タグ用のカテゴリを作成します。
    1. vSphere Web Client のホーム ページで、タグとカスタム属性 をクリックします。
    2. タグ タブ、カテゴリ の順にクリックします。
    3. 新しいカテゴリ アイコンをクリックします ()。
    4. カテゴリ プロパティを指定します。次の例を参照してください。

      カテゴリ プロパティ

      カテゴリ名

      ストレージの場所

      説明

      ストレージの場所に関連するタグのカテゴリ

      カーディナリティ

      オブジェクトあたりに多数のタグ

      関連付け可能なオブジェクト タイプ

      データストアおよびデータストア クラスタ

    5. OK をクリックします。
  2. ストレージ タグを作成します。
    1. タグ タブで、タグ をクリックします。
    2. [新しいタグ] アイコンをクリックします ()。
    3. タグのプロパティを指定します。次の例を参照してください。

      タグのプロパティ

      名前

      テキサス

      説明

      テキサスにあるデータストア

      カテゴリ

      ストレージの場所

    4. OK をクリックします。
  3. タグをデータストアに適用します。
    1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストアを参照して移動します。
    2. データストアを右クリックして、タグとカスタム属性 > タグの割り当て の順に選択します。
    3. カテゴリ ドロップダウン メニューから、ストレージの場所カテゴリを選択します。
    4. 該当するタグ(テキサスなど)を選択して、割り当て をクリックします。

タスクの結果

新しいタグがデータストアに割り当てられ、タグ ペインのデータストアの サマリ タブに表示されます。

次のタスク

仮想マシン ストレージ ポリシーを作成するときは、タグを参照して、互換性のあるストレージ リソースのリストにタグ付けされたデータストアを含めることができます。仮想マシン ストレージ ポリシーのストレージ固有ルールの作成を参照してください。

または、タグ付けされたデータストアを仮想マシン ストレージ ポリシーから除外できます。たとえばテキサスおよびカリフォルニアにある Virtual Volumes データストアは仮想マシン ストレージ ポリシーに含め、ネバダにあるデータストアは仮想マシン ストレージ ポリシーから除外できます。

仮想マシン ストレージ ポリシーでタグを使用する方法の詳細については、次のビデオをご覧ください。