Virtual Volumes (VVol) データストアは、vCenter Server および vSphere Web Client におけるストレージ コンテナです。

ストレージ システムによってエクスポートされたストレージ コンテナを vCenter Server が検出した後は、それらを Virtual Volumes データストアとしてマウントする必要があります。Virtual Volumes データストアは、VMFS データストアなどの従来の方法ではフォーマットされていません。ただし、vSphere のすべての機能(FT、HA、DRS など)を使用するにはデータストア構成が正常に機能する必要があるため、依然として Virtual Volumes データストアを作成する必要があります。

vSphere Web Client のデータストア作成ウィザードを使用して、ストレージ コンテナを Virtual Volumes データストアにマッピングします。作成する Virtual Volumes データストアは、特定のストレージ コンテナに直接対応します。データストアは、vCenter Server および vSphere Web Client におけるコンテナです。

vSphere 管理者の観点からすると、Virtual Volumes データストアはその他の任意のデータストアに似ており、仮想マシンを保持するために使用されます。他のデータストアと同様に、Virtual Volumes データストアは、参照することができ、仮想マシン名別に Virtual Volumes の一覧が表示されます。また従来のデータストアと同様、Virtual Volumes データストアはアンマウントとマウントをサポートします。ただし、アップグレードやサイズ変更などの操作は、Virtual Volumes データストアには適用できません。Virtual Volumes データストアのキャパシティは、vSphere の外部のストレージ管理者が構成できます。

従来の VMFS および NFS データストア、および vSAN を使用する Virtual Volumes データストアを使用できます。

注:

Virtual Volumes のサイズは、1 MB の倍数(最低 1 MB 以上)でなければなりません。このため、Virtual Volumes データストアにプロビジョニングするすべての仮想ディスクは 1 MB の偶数倍である必要があります。Virtual Volumes データストアに移行する仮想ディスクが 1 MB の偶数倍になっていない場合は、1 MB の偶数倍にできるだけ近づくようにディスクを拡張します。