通常、仮想マシン上の LUN マネージャ ソフトウェアを使用して仮想ディスクをミラーリングすることはできません。ただし、Microsoft Windows の仮想マシンがダイナミック ディスクをサポートしている場合は、2 つの SAN LUN 間で仮想ディスクをミラーリングできます。ミラーリングを行うことで、予期しないストレージ デバイスの損失から仮想マシンを保護できます。

前提条件

  • ダイナミック ディスクをサポートする Windows 仮想マシンを使用してください。

  • 必要な権限:詳細

手順

  1. 2 つの仮想ディスクを持つ仮想マシンを作成します。

    ディスクを別のデータストアに配置します。

  2. 仮想マシンにログインし、ディスクを動的にミラーリングされたディスクとして構成します。

    詳細については、Microsoft のドキュメントを参照してください。

  3. ディスクの同期後、仮想マシンをパワーオフします。
  4. 動的なディスク ミラーリングの使用を許可するように、仮想マシンの設定を変更します。
    1. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
    2. 仮想マシン オプション タブをクリックして、詳細設定 メニューを展開します。
    3. 構成パラメータの横にある 構成パラメータの編集 をクリックします。
    4. 行の追加 をクリックして次のパラメータを追加します。

      名前

      scsi#.returnNoConnectDuringAPD

      True

      scsi#.returnBusyOnNoConnectStatus

      False

    5. OK をクリックします。