esxcli コマンドを使用して、システムにロードされている VMware NMP SATP をリスト表示します。SATP に関する情報を表示します。

このタスクについて

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

VMware SATP をリスト表示するには、次のコマンドを実行します。

esxcli --server=server_name storage nmp satp list

タスクの結果

各 SATP について、出力にストレージ アレイのタイプを示す情報または SATP がサポートするシステムを示す情報が表示されます。出力には、その SATP を使用するすべての LUN のデフォルトの PSP も表示されます。[説明] 列の Placeholder (plugin not loaded) は、SATP がロードされていないことを示します。