vSphere Distributed Switch 5.0 以前のホストは、ポート グループの構成後に vCenter Server に接続できなくなります。

手順

  1. vSphere Client を使用して影響を受けるホストに接続します。
  2. 構成 の下で、ネットワーク を選択します。
  3. ホストに管理ネットワークに適した標準スイッチがない場合、[vSphere 標準スイッチ] ビューで新しい標準スイッチを作成します。
    1. ネットワークの追加 をクリックします。
    2. ネットワークの追加 ウィザードの [接続タイプ] で、仮想マシン を選択して 次へ をクリックします。
    3. vSphere 標準スイッチの作成 を選択します。
    4. vSphere 標準スイッチの作成 セクションで、管理トラフィックを伝送するホストの未使用の物理アダプタを 1 つ以上選択し、次へ をクリックします。

      すべての物理アダプタがすでに他のスイッチからのトラフィックでビジー状態になっている場合は、物理ネットワーク アダプタが接続されていないスイッチを作成します。その後、Distributed Switch のプロキシ スイッチから管理ネットワークの物理アダプタを削除し、そのアダプタをこの標準スイッチに追加します。

    5. [ポート グループのプロパティ] セクションで、作成中のポート グループを識別するネットワーク ラベルと VLAN ID (VLAN ID は任意) を入力します。
    6. 終了 をクリックします。
  4. [vSphere Distributed Switch] ビューで、ネットワークの VMkernel アダプタを標準スイッチに移行します。
    1. [vSphere Distributed Switch] ビューを選択し、Distributed Switch の 仮想アダプタの管理 をクリックします。
    2. 仮想アダプタの管理 ウィザードで、VMkernel アダプタをリストから選択し、移行 をクリックします。
    3. 新たに作成した標準スイッチ、または別の標準スイッチをアダプタの移行先として選択し、次へ をクリックします。
    4. ホストの範囲内で一意のネットワーク ラベルを入力し、必要に応じて管理ネットワークの VLAN ID を入力して、次へ をクリックします。
    5. ターゲット標準スイッチでの設定を確認し、終了 をクリックします。
  5. vSphere Web Client で、管理ネットワークの分散ポート グループを正しい設定で構成します。
  6. ホストの追加と管理 ウィザードを使用して、管理ネットワークの VMkernel アダプタを標準スイッチから Distributed Switch のポートに移行します。

    ホストの追加と管理 ウィザードの詳細については、『vSphere のネットワーク』 ドキュメントを参照してください。

  7. 物理アダプタをプロキシ スイッチから標準スイッチに移動している場合には、ホストの追加と管理 ウィザードを使用して物理アダプタを Distributed Switch に再接続できます。