esxcli storage vvol コマンドを使用し、Virtual Volumes (VVol) 環境のトラブルシューティングを行うことができます。

次のコマンド オプションを使用できます。

表 1. esxcli storage vvol コマンド

名前空間

コマンド オプション

説明

esxcli storage core device

list

プロトコル エンドポイントを識別します。出力エントリ Is VVOL PE: true は、ストレージ デバイスがプロトコル エンドポイントであることを示します。

esxcli storage vvol daemon

unbindall

ESXi ホストで認識されているすべての VASA プロバイダから、すべての Virtual Volumes のバインドを解除します。

esxcli storage vvol protocolendpoint

list

ホストがアクセスできるすべてのプロトコル エンドポイントを一覧表示します。

esxcli storage vvol storagecontainer

list

abandonedvvol scan

使用可能なすべてのストレージ コンテナを一覧表示します。

破棄された VVol の指定されたストレージ コンテナをスキャンします。

esxcli storage vvol vasacontext

get

ホストに関連付けられている VASA コンテキスト (VC UUID) を表示します。

esxcli storage vvol vasaprovider

list

ホストに関連付けられているすべてのストレージ (VASA) プロバイダを一覧表示します。