vSphere Distributed Switch 5.1 以降のホストは、ポート グループの設定後に vCenter Server に接続できなくなります。

手順

  1. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス (DCUI) から影響を受けるホストに、ネットワーク リストア オプション メニューから Distributed Switch のリストア オプションを使用し、管理ネットワーク用の VLAN のアップリンクと ID を構成します。

    DCUI によってローカル短期ポートが作成され、VLAN とアップリンクの構成がポートに適用されます。DCUI は新しいホストのローカル ポートを使用するように管理ネットワーク用の VMkernel アダプタを変更し、vCenter Server への接続をリストアします。

    ホストが vCenter Server に再接続されると、スイッチ上の一部のホストに vSphere Distributed Switch に保存された構成とは異なるネットワーク構成があることを示す警告が vSphere Web Client に表示されます。

  2. vSphere Web Client で、管理ネットワークの分散ポート グループを正しい設定で構成します。

    状況

    解決方法

    ポート グループの構成を一度だけ変更しました

    ポート グループの構成を 1 つのステップでロール バックできます。ポート グループを右クリックし、構成のリストア をクリックして、以前の構成にリストア を選択します。

    ポート グループの有効な構成をバックアップしました

    バックアップ ファイルを使用して、ポート グループの構成をリストアできます。ポート グループを右クリックし、構成のリストア をクリックして、構成を次のファイルからリストア を選択します。

    スイッチのバックアップ ファイルから、ポート グループを含むスイッチ全体の構成をリストアすることもできます。

    複数の構成ステップを実行しましたが、バックアップ ファイルを持っていません

    ポート グループの有効な設定を手動で指定する必要があります。

    ネットワークのロールバック、復旧、およびリストアの詳細については、『vSphere のネットワーク』 ドキュメントを参照してください。

  3. ホストの追加と管理 ウィザードを使用して、管理ネットワーク用の VMkernel アダプタをホストのローカル短期ポートからスイッチ上の分散ポートに移行します。

    分散ポートの場合と異なり、VMKernel の短期ローカル ポートには数字以外の ID があります。

    ホストの追加と管理 ウィザードを使用した VMkernel アダプタの処理の詳細については、『vSphere のネットワーク』 ドキュメントを参照してください。

  4. 分散ポート グループと VMkernel アダプタの構成を vCenter Server からホストに適用します。
    • 分散ポート グループと VMkernel アダプタの正しい構成を vCenter Server からホストに転送します。

      1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。

      2. 設定 タブの ネットワーク をクリックします。

      3. 仮想スイッチ リストから分散スイッチを選択して ホスト上の選択した Distributed Switch の状態を修正します をクリックします。

    • vCenter Server が設定を適用するまで、最大 24 時間待機します。