ローカル フラッシュ デバイスが VMFS またはその他のファイル システムでフォーマットされている場合、仮想フラッシュ リソースまたは Virtual SAN で使用できなくなります。

タスクの結果

仮想フラッシュ リソースおよび vSAN 設定にはフォーマットされていないフラッシュ ディスクのみを使用します。

  • ESXi のインストール中または Auto Deploy 中に VMFS でフラッシュ ディスクをフォーマットしないでください。

  • フラッシュ ディスクが VMFS で既にフォーマットされている場合、VMFS データストアを削除します。詳細については、『vSphere のストレージ』ドキュメントを参照してください。

  • フラッシュ ディスクを仮想フラッシュ リソースとして使用する場合は、vSAN でこのディスクを要求しないでください。ディスクが vSAN によって要求されている場合は、vSAN からそのディスクを削除します。フラッシュ ディスクが vSAN から解放され、仮想フラッシュで使用されるディスクのリストに表示されます。vSAN からのディスクの削除については、『VMware vSAN の管理』ドキュメントを参照してください。

  • フラッシュ ディスクを vSAN で使用しようとする場合、このディスクを仮想フラッシュ リソースとして使用しないでください。フラッシュ ディスクが仮想フラッシュ リソースとして使用されている場合は、仮想フラッシュ設定を削除します。ディスクが vSAN で利用可能になります。『vSphere のストレージ』ドキュメントを参照してください。

フラッシュ ディスクが使用不可能になる原因のもう 1 つは、ESXi がディスクを検出できない場合です。ローカル フラッシュ ディスクが検出されないを参照してください。