Update Manager は、パッチのリコールと新しい修正およびアラートに関する情報 (通知) を、定期的に VMware に問い合わせてダウンロードします。

問題 (潜在的な問題も含む) のあるパッチが公開された場合、パッチ メタデータがアップデートされ、Update Manager はそれらのパッチをリコールされたものとしてマークします。リコールされたパッチをユーザーがインストールしようとすると、Update Manager はそのパッチがリコールされたことをユーザーに通知し、ホストにパッチをインストールしません。リコールされたパッチが一部のホストにすでにインストールされている場合、Update Manager はユーザーに通知します。また、Update Manager は、リコールされたすべてのパッチをパッチ リポジトリから削除します。

問題を解決するパッチが公開されると、Update Manager は新しいパッチをダウンロードします。 そして、リコールされたパッチが原因で発生する可能性がある問題を解決するために、そのパッチのインストールを求めます。リコールされたパッチがインストール済みの場合、Update Manager は、そのパッチがリコールされ、インストールする必要がある修正があることをユーザーに警告します。

Update Manager では、インポート済みのオフライン バンドルからパッチをリコールできます。新しいオフライン バンドルをインポートするときに、インポート済みのオフライン バンドルからパッチがリコールされます。metadata.zip ファイルには、リコールする必要があるパッチに関する情報が含まれています。Update Manager は、リコールされたパッチをパッチ リポジトリから削除します。そして、修正を含むバンドルをユーザーがインポートしたあとに、Update Manager はユーザーにその修正について通知します (E メール通知を有効にした場合は、E メール通知を送信)。

パッチおよび通知をダウンロードするためのソースとして共有リポジトリを使用する場合、Update Manager は、リコールの通知をその共有リポジトリから Update Manager パッチ リポジトリにダウンロードしますが、リコールの E メール アラートは送信しません。共有リポジトリの使用の詳細については、共有リポジトリのダウンロード ソースとしての使用 を参照してください。

注:

パッチのリコール通知のダウンロード後、Update Manager でリコール対象のパッチにフラグが設定されますが、それらのパッチのコンプライアンス状態は、自動的には更新されません。リコールの影響を受けたパッチの最新のコンプライアンス状態を表示するには、スキャンを実行する必要があります。