データセンターまたはデータセンター フォルダであるコンテナ オブジェクトをスキャンすることで、ホスト、仮想マシン、および仮想アプライアンスの同時スキャンを開始します。

このタスクについて

VMware Studio で構築した仮想アプライアンスを vSphere Web Client でインポートしたあとは、そのアプライアンスをパワーオンして、仮想アプライアンスとして検出されるようにします。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server Appliance、または Update Manager が登録されている vCenter Server システムにログインします。
  2. インベントリ オブジェクト ナビゲータで、vCenter Server インスタンス、データセンター、クラスタ、または仮想マシン フォルダを右クリックし、Update Manager > スキャンで更新を検索 の順に選択します。

    スキャン ウィザードが開きます。

  3. スキャン操作を実行するアップデートのタイプを選択します。
    • コンテナ オブジェクト内の ESXi ホストの場合は、パッチおよび拡張機能 および アップグレード のスキャンが可能です。

    • データセンター内の仮想マシンおよび仮想アプライアンスの場合は、仮想アプライアンスのアップグレードVMware Tools のアップグレード、および 仮想マシン ハードウェアのアップグレード のスキャンが可能です。

  4. OK をクリックします。

タスクの結果

選択したインベントリ オブジェクトとすべての子オブジェクトは、選択したオプションに応じて、添付されたベースラインを基準にスキャンされます。仮想インフラストラクチャの規模が大きく、スキャンを開始したオブジェクトがオブジェクト階層の上位にあるほど、スキャンにかかる時間は長くなります。

次のタスク

vSphere Web Client 内の Update Manager により、スキャンしたインベントリ オブジェクトをステージングして修正します。