共有リポジトリまたはインターネットをパッチおよび拡張機能のダウンロード ソースとして使用するのではなく、オフライン バンドルを使って、パッチや拡張機能を手動でインポートできます。

このタスクについて

ESXi 5.5 以降が実行されているホストについてのみ、オフライン バンドルをインポートできます。

前提条件

  • インポートするパッチや拡張機能は ZIP 形式にする必要があります。

  • 必須権限:VMware vSphere Update Manager > ファイルのアップロード > ファイルのアップロード

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックして、ダウンロード設定 を選択します。
  5. [ダウンロード ソース] ペインで、パッチのインポート をクリックします。

    パッチのインポート ウィザードが開きます。

  6. [パッチのインポート] ページで、インポートするパッチが含まれる .zip ファイルを探して選択します。
  7. ファイルのアップロード をクリックして、ファイルのアップロードが正常に完了するまで待ちます。

    アップロードが失敗した場合は、.zip ファイルの構造が正しいかどうか、または Update Manager ネットワークが正しく設定されているかどうかを確認します。

  8. [設定の確認] ページで、リポジトリにインポートする選択済みパッチを確認します。
  9. 終了 をクリックします。

タスクの結果

Update Manager パッチ リポジトリにパッチがインポートされました。Update Managerパッチ レポジトリ タブで、インポートしたパッチを表示できます。