コンプライアンス情報を表示し、ベースラインおよびベースライン グループを基準としてインベントリ内のオブジェクトをスキャンするには、最初に既存のベースラインおよびベースライン グループをそれらのオブジェクトに添付する必要があります。オブジェクトにはベースラインおよびべースライン グループを添付できます。

前提条件

  • 必須権限:VMware vSphere Update Manager > ベースラインの管理 > ベースラインの添付

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータでオブジェクトのタイプを選択します。

    たとえば、ホストとクラスタ または 仮想マシンとテンプレート を選択し、オブジェクトまたはコンテナ オブジェクトを選択します。

  2. Update Manager タブを選択します。
  3. ベースラインまたはベースライン グループの添付 ウィンドウで、オブジェクトに添付する 1 つ以上のベースラインまたはベースライン グループを選択します。

    1 つ以上のベースライン グループを選択すると、グループ内のすべてのベースラインが選択されます。グループ内のベースラインを個別に選択解除することはできません。

  4. (オプション) : 既存のベースラインおよびべースライン グループがタスクと一致しない場合は、新規にベースラインまたはベースライン グループを作成し、各ウィザードで残りの手順を完了します。

    ベースラインまたはグループの添付 ウィンドウが [処理中の作業] ペインに折りたたまれ、新規ベースライン グループ または 新規ベースライン グループ ウィンドウが開きます。ベースラインまたはベースライン グループの作成手順が完了すると、ベースラインまたはグループの添付 ウィンドウが再度開きます。

  5. OK をクリックします。

次のタスク

添付されたベースラインを基準として選択したオブジェクトをスキャンします。