新規ベースライン ウィザードを使用して、ESXi ホスト アップグレード ベースラインを作成できます。ホスト ベースラインは、アップロード済みの ESXi 6.5 イメージを使用して作成できます。

ESXi イメージは、Update Manager の管理ビューにある ESXi イメージ タブからアップロードおよび管理できます。

Update Manager 6.5 は、ESXi 5.5.x および ESXi 6.0.x から ESXi 6.5 へのアップグレードをサポートします。

ESXi イメージをアップロードする前に、VMware の Web サイトまたは別のソースからイメージ ファイルを入手します。vSphere ESXi Image Builder を使用すると、サードパーティ製の VIB を含んだカスタム ESXi イメージを作成できます。詳細については、『vSphere ESXi Image Builder を使用したインストールのカスタマイズ』を参照してください。

vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって他の vCenter Server システムに接続され、複数の Update Manager インスタンスがある場合、アップロードしたホスト アップグレード ファイルと、作成したベースラインが、他の vCenter Server システムによって管理されているホストに適用されることはありません。アップグレード ファイルとベースラインは、選択した Update Manager インスタンス専用です。