Update Manager をインストールするときに、SQL Server データベースとの ODBC 接続を確立できます。

このタスクについて

Update Manager で SQL Server を使用する場合は、マスター データベースを使用しないでください。

SQL Server の ODBC 接続の具体的な構成方法については、Microsoft SQL ODBC のドキュメントを参照してください。

手順

  1. SQL Server で SQL Server Management Studio を使用して、SQL Server データベースを作成します。

    Update Manager インストーラで、すべてのテーブル、プロシージャ、およびユーザー定義関数(UDF)が、Update Manager に使用するデータベース ユーザーのデフォルトのスキーマ内に作成されます。このデフォルトのスキーマは、必ずしも DBO スキーマである必要はありません。

  2. データベース オペレータ (DBO) 権限を持つ SQL Server データベース ユーザーを作成します。

    データベース ユーザーに、Update Manager データベースと MSDB データベースに対する sysadmin サーバ ロールまたは db_owner 固定データベース ロールがあることを確認します。

    MSDB データベースの db_owner ロールは、インストールとアップグレードにのみ必要です。