仮想アプライアンスのアップグレードや ESXi のパッチ、拡張機能、通知をダウンロードするためのソースとして共有リポジトリを使用するように Update Manager を設定できます。

前提条件

  • vSphere Update Manager Download Service (UMDS) を使用して共有リポジトリを作成し、Web サーバまたはローカル ディスクでホストします。使用する UMDS のバージョンは、インストールされている Update Manager と互換性のあるものでなければなりません。互換性に関する詳細は、vSphere Update Manager Download Service (UMDS) と Update Manager サーバの互換性を参照してください。アップグレード、パッチ バイナリ、パッチ メタデータ、通知をエクスポートするための詳しい手順については、ダウンロードしたデータのエクスポートを参照してください。

  • 必須権限:VMware vSphere Update Manager > 構成

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックして、ダウンロード設定 を選択します。
  5. [ダウンロード ソース] ペインの 編集 をクリックします。

    [ダウンロード ソースの編集] ダイアログ ボックスが開きます。

  6. 共有リポジトリの使用 オプションを選択します。
  7. 共有リポジトリへのパスまたは URL を入力します。

    例:C:\repository_path\https://repository_path/http://repository_path/

    これらの例の repository_path は、ダウンロードしたアップグレード、パッチ、拡張機能、通知をエクスポートしたフォルダへのパスです。Update Manager サーバが、それ自身はインターネットに直接アクセスできないが、インターネットにアクセス可能なマシンに接続されている環境では、Web サーバ上のフォルダを使用できます。

    HTTP アドレス、HTTPS アドレス、または Update Manager がインストールされているディスク上の場所を指定できます。サポートされる HTTPS アドレスは認証なしのアドレスです。

    重要:

    ネットワーク ドライブ上にあるフォルダを共有リポジトリとして使用することはできません。Update Manager では、Microsoft Windows Uniform Naming Convention 形式(例:\\Computer_Name_or_Computer_IP\Shared)のネットワーク共有にあるフォルダや、マッピングされたネットワーク ドライブ(例:Z:\)にあるフォルダからは、アップデートをダウンロードできません。

  8. OK をクリックして、[ダウンロード ソースの編集] ダイアログを閉じます。

    vSphere Web Client で URL の検証が行われます。

    重要:

    指定したフォルダからアップデートをダウンロードする際に、使用している Update Manager のバージョンと互換性のない UMDS バージョンを使用すると、検証に失敗し、エラー メッセージが表示されます。

    必ず、検証が正常に終了したことを確認してください。検証に失敗すると、Update Manager によって失敗の原因が報告されます。検証が正常に終了しなかった場合、共有リポジトリへのパスは使用できません。

  9. [ダウンロード ソース] ペインの 今すぐダウンロード をクリックして、パッチ定義のダウンロード タスクを実行します。

    すべての通知とアップデートは直ちにダウンロードされます。構成 > 通知確認スケジュール または 構成 > ダウンロード スケジュールスケジュール設定されたダウンロードを有効にする チェックボックスが選択されていたとしても同様です。

タスクの結果

これで、この共有リポジトリが、アップグレード、パッチ、通知をダウンロードするためのソースとして使用されます。

共有リポジトリとしてのフォルダまたはサーバの使用

フォルダまたは Web サーバを共有リポジトリとして使用できます。

  • フォルダを共有リポジトリとして使用する場合は、UMDS からエクスポートされたパッチや通知が保存されているトップレベル ディレクトリを repository_path に指定します。

    たとえば、UMDS を使用してパッチや通知を F:\ ドライブにエクスポートしたとします。このドライブは、UMDS がインストールされているマシンに接続された USB デバイスにマッピングされたドライブです。この USB デバイスを Update Manager がインストールされたマシンに接続すると、マシン上ではデバイスが E:\ としてマッピングされました。このような場合、Update Manager に共有リポジトリとして設定するフォルダは、E:\ になります。

  • Web サーバを共有リポジトリとして使用する場合は、UMDS からエクスポートされたパッチが保存されている Web サーバのトップレベル ディレクトリを repository_path に指定します。

    たとえば、UMDS から C:\docroot\exportdata にパッチや通知をエクスポートしているとします。このフォルダが Web サーバ上に設定されていて、URL https://umds_host_name/exportdata で他のマシンからアクセスできる場合、Update Manager に共有リポジトリとして設定する URL は、https://umds_host_name/exportdata になります。