スキャンを実行したあと、添付されたベースラインのコンプライアンス状態の互換性がなくなることがあります。コンプライアンス状態が 「互換性なし」 の場合は注意が必要で、解決するための操作が必要になります。

「互換性なし」 の状態は、ベースライン内のアップデートが次のいずれかの状態であることが原因で発生します。

競合

アップデートが、ホストの既存のアップデートまたは Update Manager のパッチ リポジトリにある別のアップデートのいずれかと競合しています。Update Manager は競合のタイプをレポートします。競合は、ターゲット オブジェクトの問題を示すわけではありません。現在のベースラインを選択することで、競合が発生することのみを示します。ユーザーは、スキャン、修正、およびステージングを実行できます。ほとんどの場合、競合を解決するための操作を実行することが可能です。

競合する新規モジュール

ホストへのアップデートが、初めて提供されるソフトウェアの新しいモジュールですが、ホスト上の既存のアップデートまたは Update Manager リポジトリにある別のアップデートと競合しています。Update Manager は競合のタイプをレポートします。競合は、ターゲット オブジェクトの問題を示すわけではありません。現在のベースラインを選択することで、競合が発生することのみを示します。ユーザーは、スキャン、修正、およびステージングを実行できます。ほとんどの場合、競合を解決するための操作を実行する必要があります。

パッケージの不足

この状態は、アップデートのメタデータがデポにあるものの、対応するバイナリ ペイロードが存在しない場合に発生します。原因としては、特定のロケールのアップデートが製品に含まれていない、Update Manager のパッチ リポジトリが削除されたか破損している、Update Manager がインターネットにアクセスしてアップデートをダウンロードできない、または Update Manager リポジトリからアップグレード パッケージを手動で削除したことが考えられます。

インストール不能

アップデートをインストールできません。ターゲット オブジェクトに対するスキャン操作が成功しても、修正は実行できません。

互換性のないハードウェア

選択したオブジェクトのハードウェアに互換性がないか、またはアップデートのサポートに十分なリソースがありません。たとえば、32 ビットのホストに対してアップグレード スキャンを実行している、またはホストに十分なメモリが搭載されていない場合などです。

サポート対象外のアップグレード

アップグレード パスが正しくありません。たとえば、仮想マシンの現在のハードウェア バージョンが、ホストがサポートするバージョンより高い場合です。