他のソフトウェアが PXE ブート ESXi ホストの修正を開始できるように Update Manager を構成できます。修正により、パッチとソフトウェア モジュールがホストにインストールされますが、通常、ホスト更新は再起動後に失われます。

このタスクについて

Update Manager 構成 タブのグローバル設定を使用すると、ESX Agent Manager、Cisco Nexus 1000V などのソリューションを有効にして、PXE ブート ESXi ホストの修正を開始できます。一方、修正ウィザードの パワーオンされた PXE ブート ESXi ホストのパッチ修正を有効にする 設定を使用すると、Update Manager が PXE ブート ホストにパッチを適用できます。

再起動後、ステートレス ホストの更新を保持するには、その更新が含まれる PXE ブート イメージを使用します。PXE ブート イメージは、Update Manager で更新を適用する前に更新できます。したがって、再起動により更新が失われることはありません。また、Update Manager 自体によってホストが再起動されることはありません。Update Manager では、PXE ブート ESXi ホストでの再起動を必要とする更新がインストールされないためです。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Update Manager > 構成

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックし、ホスト/クラスタ設定 を選択します。
  5. 編集 をクリックします。

    [ホスト/クラスタ設定の編集] ダイアログが開きます。

  6. [ホスト設定] で、PXE ブート ESXi ホストでの追加ソフトウェアのインストールを許可する を選択します。

    このオプションを使用すると、この Update Manager インスタンスで管理できる vSphere インベントリの PXE ブート ESXi ホストのソリューションに対して、ソフトウェアのインストールを有効にできます。

  7. OK をクリックします。