インベントリ内の仮想マシンの VMware Tools をアップグレードするプロセスを自動化できます。

このタスクについて

マシンのパワーオン時や再起動時に VMware Tools のバージョンを確認するように、Update Manager を設定することができます。必要に応じて、Update Manager は、仮想マシンを実行しているホストがサポートする最新のバージョンに VMware Tools をアップグレードします。

電源入れ直し時に VMware Tools のアップグレードを実行する場合、Update Manager はその仮想マシンのスナップショットを作成しないため、以前のバージョンにロールバックすることはできません。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホーム > 仮想マシンおよびテンプレート の順に選択し、仮想マシン、フォルダ、または仮想アプライアンスを選択します。
  2. 仮想マシン、フォルダ、または仮想アプライアンスを右クリックし、Update Manager > VMware Tools のアップグレード設定を選択します。

    VMware Tools アップグレード設定の編集 ウィザードが表示されます。

  3. 電源入れ直し時の VMware Tools のアップグレードを有効にする仮想マシンを選択し、OK をクリックします。

タスクの結果

次回の仮想マシンの再起動またはパワーオン時に、Update Manager はマシンにインストールされている VMware Tools のバージョンを確認し、必要な場合はアップグレードを実施します。