仮想アプライアンスのアップグレード、または ESXi ホストのパッチと通知をダウンロードするように UMDS を設定できます。また、ESXi 5.5ESXi 6.0、および ESXi 6.5 のパッチ バイナリ、パッチ メタデータ、および通知を、サードパーティ ポータルからダウンロードするように UMDS を設定することもできます。

アップグレード、パッチ バイナリ、パッチ メタデータ、および通知のダウンロード後、データを Web サーバまたはポータブル メディア ドライブにエクスポートし、(ローカル ディスクとしてマウントされた)メディア ドライブまたは Web サーバのフォルダを、共有リポジトリとして使用するように Update Manager を設定できます。

また、ESXi 5.5ESXi 6.0、および ESXi 6.5 のパッチと通知を、サードパーティ ポータルからダウンロードするように UMDS を設定することもできます。

UMDS を使用するには、その UMDS のインストール先マシンにインターネット アクセスが必要です。必要なデータのダウンロード後、そのデータは、ローカルの Web サーバ、または CD、USB フラッシュ ドライブなどのポータブル ストレージ デバイスにコピーできます。

パッチを手動でダウンロードするスクリプトを作成し、そのスクリプトを、アップグレードとパッチを自動ダウンロードする Windows スケジュール設定タスクとして設定することをお勧めします。