Update Manager は仮想アプライアンスのアップグレード、ホストのパッチ、機能拡張などが入手可能かどうかを定期的に確認します。通常はデフォルトのスケジュール設定でも問題ありませんが、更新確認の頻度を変更する必要がある場合はスケジュールを変更することもできます。

このタスクについて

場合によっては、更新の確認間隔を短くしたほうがよいケースがあります。また、最新の更新を気にする必要がなくネットワーク トラフィック量の削減を優先する場合や、更新サーバにアクセスできない場合は、更新の確認間隔を長くすることもできます。

デフォルトでは、アップデート メタデータとバイナリをダウンロードするタスクは有効になっています。このタスクは、VMware vSphere Update Manager 更新ダウンロード タスクと呼ばれます。このタスクを変更して、アップデートの確認を構成できます。VMware vSphere Update Manager 通知確認タスクは、次のいずれかの方法で変更できます。

  • Update Manager 管理ビューの 構成 タブ

  • vSphere Web Client監視 タブで タスクおよびイベント タブを選択し、スケジュール設定タスク を選択します。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Update Manager > 構成

アップデート データをダウンロードするには、Update Manager がインストールされているマシンがインターネットにアクセスできる必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックして、ダウンロード スケジュール を選択します。
  5. 編集 をクリックします。

    ダウンロード スケジュールの編集 ウィザードが開きます。

  6. スケジュール設定されたタスクを有効にする チェックボックスを選択し、次へ をクリックします。

    このチェック ボックスを選択解除した場合は、通知を確認するスケジュール設定タスクが無効になります。ただし、ダウンロード設定 ペインにある 今すぐダウンロード ボタンをクリックすると、通知の確認およびダウンロードを強制実行できます。

  7. タスクの名前と必要に応じて説明を指定するか、デフォルトの設定をそのまま使用します。
  8. 変更 をクリックして通知確認を実行する時間を指定し、OK をクリックします。

    [スケジューラの設定] ダイアログ ボックスが開きます。

    オプション

    説明

    このアクションを今すぐ実行する

    通知確認をすぐに実行します。

    このオプションをあとで実行するようスケジュール設定する

    通知確認タスクの実行時刻をスケジュール設定します。

    このアクションの繰り返し実行をスケジュール設定する

    通知確認タスクの頻度、間隔、開始時刻をスケジュール設定して定期的に実行します。

  9. (オプション) : パッチのリコールに関する通知と E メール アラートの送信先となるメール アドレス (複数可) を指定し、次へ をクリックします。

    このオプションを有効にするには、vSphere Web Client システムのメール設定を行う必要があります。詳細については、vCenter Server およびホスト管理 を参照してください。

  10. [設定の確認] ページの内容を確認して、終了 をクリックします。

タスクの結果

タスクが、指定した時間に応じて実行されます。