UMDS は、アップグレード ファイル、パッチ バイナリ、パッチ メタデータ、通知などをダウンロードし、UMDS のインストール時に指定されたフォルダにこれらのデータを保存します。

このタスクについて

Windows マシンの場合、UMDS がダウンロードしたパッチ バイナリとパッチ メタデータはデフォルトで C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware Update Manager\Data フォルダに保存されます。

Linux マシンの場合、UMDS がダウンロードしたパッチ バイナリとパッチ メタデータはデフォルトで /var/lib/vmware-umds フォルダに保存されます。

UMDS をインストールした後でも、UMDS がダウンロードしたデータの保存先フォルダを変更できます。

仮想アプライアンスのアップグレード ファイルやホストのアップグレード ファイルをすでにダウンロードしている場合は、古い保存先から新しい保存先にすべてのファイルとフォルダをコピーする必要があります。UMDS がダウンロードしたパッチ バイナリとパッチ メタデータの保存先フォルダは UMDS がインストールされているマシン上に存在している必要があります。

手順

  1. UMDS がインストールされているマシンに管理者としてログインし、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. UMDS がインストールされているディレクトリに移動します。
    • 64 ビット Windows の場合、デフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\Update Manager です。

    • 64 ビット Linux の場合、デフォルトの場所は /usr/local/vmware-umds です。

  3. 次のコマンドを実行してパッチ リポジトリのディレクトリを変更します。
    vmware-umds -S --patch-store your_new_patchstore_folder

    この例では、 your_new_patchstore_folder の部分に、ダウンロードされたパッチ バイナリとパッチ メタデータの新しい保存先フォルダのパスを入力します。

タスクの結果

これで、UMDS によってダウンロードされたパッチ データの保存先ディレクトリが正しく変更されます。

次のタスク

UMDS を使用してデータをダウンロードします。