デフォルトでは、Update Manager は、仮想マシンのスナップショットを作成してから、更新を適用するように構成されています。修正が失敗した場合は、スナップショットを使用して、仮想マシンを修正前の状態に戻すことができます。

このタスクについて

Update Manager では、フォールト トレラントな仮想マシン、および仮想マシン ハードウェア バージョン 3 が実行されている仮想マシンのスナップショットは作成されません。こうした仮想マシンのスナップショットを作成するように指定すると、修正が失敗する可能性があります。

スナップショットは無期限に、または一定の期間だけ保持するように選択できます。スナップショットを管理するときは、次のガイドラインに従ってください。

  • スナップショットを無期限に保持すると、大量のディスク容量が消費され、仮想マシンのパフォーマンスが低下する場合があります。

  • スナップショットをまったく保持しなければ、容量の節約になり、仮想マシンのパフォーマンスが確保され、修正の所要時間も短くなる可能性があります。ただし、ロールバックの可用性は制限されます。

  • スナップショットを保持する期間を決めることで、必要なディスク容量が少なくなり、短期間のバックアップが提供されます。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Update Manager > 構成

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックして、仮想マシンの設定 を選択します。
  5. 編集 をクリックします。

    [仮想マシン設定の編集] ダイアログ ボックスが開きます。

  6. 仮想マシンを修正する前に、その仮想マシンのスナップショットの作成を有効または無効にするには、修正前に仮想マシンをスナップショットを作成して、ロールバックを有効にする チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    デフォルトでは、スナップショットを作成するオプションが設定されています。

  7. スナップショットが無期限に、または一定の期間だけ保持されるように構成します。
  8. 適用 をクリックします。

タスクの結果

この設定は、仮想マシンのデフォルトのロールバック オプション設定になります。個々の修正タスクに、異なる設定を指定することができます。