アップデートのダウンロード元としてインターネットを使用する場合は、仮想アプライアンスのアップグレードとパッチ、および ESXi 5.5 以降を実行しているホスト用の拡張機能をダウンロードできるサード パーティの URL アドレスを追加できます。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Update Manager > 構成

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックして、ダウンロード設定 を選択します。
  5. [ダウンロード ソース] ペインの 編集 をクリックします。

    [ダウンロード ソースの編集] ダイアログ ボックスが開きます。

  6. インターネットへの直接接続を使用する オプションを選択します。
  7. 追加 をクリックします。

    [ダウンロード元の追加] ダイアログ ボックスが開きます。

  8. 新しいダウンロード元の URL を入力します。

    Update Manager では HTTP URL アドレスと HTTPS URL アドレスの両方がサポートされています。データを安全にダウンロードできるように HTTPS URL アドレスを使用してください。この URL アドレスは index.xml ファイルまで含め、完全に入力する必要があります。このファイルにはベンダーおよびベンダー インデックスのリストが含まれています。

    注:

    Update Manager のプロキシ設定はサード パーティ URL アドレスにも適用されます。プロキシ設定は [プロキシ設定] ペインで編集できます。

  9. URL に関する短い説明を入力して、OK をクリックします。

    vSphere Web Client で URL の検証が行われます。

  10. OK をクリックして、[ダウンロード ソースの編集] ダイアログ ボックスを閉じます。
  11. [ダウンロード ソース] ペインの 今すぐダウンロード をクリックして、パッチ定義のダウンロード タスクを実行します。

    すべての通知とアップデートは直ちにダウンロードされます。構成 > 通知確認スケジュール または 構成 > ダウンロード スケジュールスケジュール設定されたダウンロードを有効にする チェックボックスが選択されていたとしても同様です。

タスクの結果

指定した場所がインターネット ダウンロード元のリストに追加されます。