ベースライン グループを使用して、vSphere インベントリ内のホストまたは仮想マシンを組織的にアップグレードできます。ベースライン グループには、ホストまたは仮想マシンのいずれかのベースラインが含まれます。

組織的なアップグレードは、コンテナ オブジェクト レベルまたは個別のオブジェクト レベルで実行できます。

ホストの組織的なアップグレード

組織的なアップグレードでは、単一のホスト ベースライン グループを使用して、アップグレード、パッチ、およびエクステンションがインベントリ内のホストに適用されます。

ベースライン グループにアップグレード ベースラインが含まれる場合、Update Manager は最初にホストをアップグレードし、続いてパッチ ベースラインまたはエクステンション ベースラインを適用します。最初にアップグレードが実行されてから、ホストの特定のバージョンにパッチが適用可能になるため、組織的なワークフローではアップグレード中にパッチが失われることがありません。

仮想マシンの組織的なアップグレード

組織的なアップグレードを使用すると、vSphere インベントリ内のすべての仮想マシンの仮想マシン ハードウェアと VMware Tools を同時にアップグレードできます。これには、次のベースラインが含まれているベースライン グループを使用します。

  • ホストと整合するように仮想マシン ハードウェアをアップグレード

  • ホストに適合するよう VMware Tools をアップグレード

仮想マシンの仮想ハードウェアをアップグレードすると、新しいデバイスや機能が、ゲスト OS に公開されます。仮想ハードウェア バージョンをアップグレードする前に VMware Tools をアップグレードして、ゲストで必要なドライバをすべてアップデートする必要があります。VMware Tools がインストールされていないか、最新のものではない、またはサードパーティ製のツールによって管理されている場合、仮想マシンの仮想ハードウェアをアップグレードすることはできません。

「ホストと整合するように仮想マシン ハードウェアをアップグレード」 ベースライン、および 「ホストと整合するように VMware Tools をアップグレード」 ベースラインが含まれているベースライン グループを基準に仮想マシンをアップグレードする場合、Update Manager はアップグレード処理を正しい順序で行い、最初に VMware Tools をアップグレードします。

VMware Tools のアップグレード中は、仮想マシンをパワーオンしておく必要があります。修正前に仮想マシンがパワーオフ状態またはサスペンド状態の場合は、Update Manager がマシンをパワーオンします。アップグレードが完了したあと、Update Manager はマシンを再起動し、仮想マシンを元の電源状態にリストアします。

仮想ハードウェアのアップグレード中は、仮想マシンをシャットダウンしておく必要があります。仮想マシンがパワーオン状態の場合、Update Manager がマシンをパワーオフして仮想ハードウェアのアップグレードを行い、仮想マシンをパワーオンします。