拡張機能ベースラインには、ESXi ホスト用の追加のソフトウェアが含まれます。この追加のソフトウェアは、VMware ソフトウェアまたはサードパーティ製ソフトウェアです。新規ベースライン ウィザードを使用して、ホスト拡張機能ベースラインを作成します。

このタスクについて

拡張機能では、追加の機能、ハードウェア用のアップデートされたドライバ、ホストにあるサードパーティ製モジュールを管理する CIM (Common Information Model) プロバイダを提供したり、既存のホスト機能のパフォーマンスまたは可用性を改善したりできます。

作成するホスト拡張機能ベースラインは、常に決まっています。使用している環境内の ESXi ホストに適した拡張機能を慎重に選択する必要があります。

拡張機能の初回インストールを実行するには、拡張機能のベースラインを使用する必要があります。ホストに拡張機能をインストールした後は、パッチ ベースラインまたは拡張機能ベースラインのいずれかを使用して拡張モジュールを更新できます。

注:

Update Manager を使用して拡張機能ベースラインを適用する場合は、ホストと新しいモジュールとの機能的な関連性について理解しておく必要があります。拡張機能モジュールによって、ESXi ホストの動作が変更されることがあります。拡張機能のインストール中に、Update Manager はパッケージ レベルのチェックと検証のみを実行します。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server Appliance、または Update Manager が登録されている vCenter Server システムにログインします。
  2. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  3. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  4. 管理 タブをクリックします。
  5. ホスト ベースライン タブで、新規ベースライン をクリックします。
  6. ベースラインの名前と説明(説明は任意)を入力します。
  7. ベースラインのタイプで ホスト拡張機能 を選択し、次へ をクリックします。
  8. 拡張機能ページで、ベースラインに含める拡張機能を個別に選択します。
  9. (オプション) : 追加の情報を表示するには、拡張機能を選択し、パッチの詳細を表示 をクリックします。
  10. 次へをクリックします。
  11. [設定の確認] ページの内容を確認して、終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいベースラインが、ベースラインおよびグループ タブのベースライン ペインに表示されます。