修正とは、スキャンが完了したあとに、ESXi ホスト、仮想マシン、または仮想アプライアンスに対して、Update Manager がパッチ、拡張機能、およびアップグレードを適用する処理のことです。

修正により、選択された vSphere オブジェクトは、パッチ、拡張機能、およびアップグレード ベースラインに準拠した状態になります。

スキャンと同様に、単一のホスト、仮想マシン、または仮想アプライアンスを修正することができます。フォルダ、クラスタ、またはデータセンター レベルでの修正を開始することもできます。

Update Manager は、次のインベントリ オブジェクトの修正をサポートします。

  • VMware Tools と仮想マシン ハードウェアのアップグレードの場合は、パワーオン、サスペンド、またはパワーオフ状態の仮想マシンおよびテンプレート。

  • 仮想アプライアンスのアップグレードの場合は、VMware Studio 2.0 以降で作成された、パワーオン状態の仮想アプライアンス。

  • パッチ、拡張機能、およびアップグレードの修正の場合は、ESXi ホスト。

ホストの修正

Update Manager 6.5 は、ESXi 5.5.x および ESXi 6.0.x から ESXi 6.5 へのアップグレードをサポートします。

重要:

構成 タブの ESX ホスト/クラスタ設定 ページまたは 修正 ウィザードから設定を有効にすると、PXE ブート ESXi ホストにパッチを適用できます。

ESXi イメージのアップロード後は、ESXi ホストへのアップグレードは、ベースラインおよびベースライン グループ経由で管理されます。

通常、アップデート時に必要な場合、ホストは修正の前にメンテナンス モードに入ります。ホストがメンテナンス モードのときには、仮想マシンは実行できません。ユーザー環境の一貫性を確保するために、vCenter Server は、ホストがメンテナンス モードに切り替わる前にクラスタ内のほかのホストに仮想マシンを移行します。vCenter Server が仮想マシンを移行できるのは、クラスタが vMotion 用に構成されている場合と、VMware DRS (Distributed Resource Scheduler) および VMware EVC (Enhanced vMotion Compatibility) が有効である場合です。EVC は、vMotion では必須ではありません。EVC を有効にすると、ホストの CPU の互換性が保障されます。ほかのコンテナ、またはクラスタにない個々のホストでは、vMotion での移行は実行できません。

重要:

ホストを ESXi 6.5 にアップグレードすると、バージョン ESXi 5.5.x または ESXi 6.0.x のソフトウェアにロールバックできません。ホストのアップグレードを実行する前に、ホストの構成をバックアップしてください。アップグレードに失敗した場合は、アップグレード元の ESXi 5.5.x または ESXi 6.0.x ソフトウェアを再インストールし、ホスト構成をリストアできます。ESXi 構成のバックアップとリストアの詳細については、『vSphere のアップグレード』 を参照してください。

ESXi 5.5 および 6.0 ホストからそれぞれの ESXi アップデート リリースへの修正はパッチ処理、バージョン 5.5 または 6.0 からバージョン 6.5 への ESXi ホストへの修正はアップグレード処理です。

仮想マシンおよび仮想アプライアンスの修正

仮想アプライアンス、VMware Tools、および仮想マシンの仮想ハードウェアを新しいバージョンにアップグレードできます。仮想マシンのアップグレードは、Update Manager のデフォルトの仮想マシン アップグレード ベースラインで管理します。仮想アプライアンスのアップグレードは、Update Manager のデフォルトの仮想アプライアンス ベースラインと、ユーザーが作成するカスタムの仮想アプライアンス アップグレード ベースラインの両方で管理できます。

注:

Update Manager 6.5 は、仮想マシン パッチ ベースラインをサポートしていません。

組織的なアップグレード

Update Manager では、ホストおよび仮想マシンを組織的にアップグレードできます。組織的なアップグレードにより、ベースライン グループを使用して、vSphere インベントリ内のホストおよび仮想マシンをアップグレードできます。

単一のホスト アップグレード ベースラインと、複数のパッチ ベースラインまたは拡張機能ベースラインを含むベースライン グループを使用すると、ホストを組織的にアップグレードできます。Update Manager は、最初にホストをアップグレードして、そしてパッチ ベースラインおよび拡張機能ベースラインを適用します。

次のベースラインを含む仮想マシン ベースライン グループを使用して、仮想マシンの組織的なアップグレードを行えます。

  • ホストと整合するように仮想マシン ハードウェアをアップグレード

  • ホストと整合するように VMware Tools をアップグレード

組織的なアップグレードを使用して、仮想ハードウェアとインベントリ内の仮想マシンの VMware Tools を同時にアップグレードできます。VMware Tools のアップグレード ベースラインが最初に実行され、続いて仮想マシンのハードウェアのアップグレード ベースラインが実行されます。

組織的なアップグレードは、クラスタ、フォルダ、またはデータセンター レベルで実行できます。