VMware vSphere Update Manager Download Service (UMDS) は、Update Manager のオプションのモジュールです。UMDS は仮想アプライアンス、パッチ メタデータ、パッチ バイナリ、および通知のアップグレードをダウンロードします。ダウンロードしない場合、Update Manager サーバではこれらを使用できません。

セキュリティ上の理由またはデプロイ上の制約から、ほかのローカル ネットワークおよびインターネットから切断され安全なネットワークに Update Manager などの vSphere をインストールする場合があります。Update Manager が適切に機能するには、パッチ情報を入手することが必要です。このような環境を使用している場合は、インターネットに接続されているコンピュータに UMDS をインストールして、アップグレード、パッチ バイナリ、およびパッチ メタデータをダウンロードします。次に、ダウンロードしたものをポータブル メディア ドライブにエクスポートして、Update Manager サーバがアクセスできるようにします。

Update Manager がインストールされているマシンがインターネットにアクセスできないが、インターネットにアクセスが可能なサーバに接続されている導入環境では UMDS がインストールされているマシンにある Web サーバを使用すると、エクスポート処理を自動化して、UMDS から Update Manager サーバにファイルを転送できます。

UMDS 6.5 はパッチのリコールおよび通知をサポートしています。パッチがリコールされるのは、リリースされたパッチに問題(潜在的な問題を含む)がある場合です。UMDS を使用してパッチ データおよび通知をダウンロードし、そのダウンロードをエクスポートして Update Manager サーバで使用できるようにすると、Update Manager はリコールされたパッチを削除し、Update Manager 通知 タブに通知を表示します。パッチのリコールおよび通知の詳細については、通知の構成および表示を参照してください。

Update Manager リリース 6.5 では、Windows および Linux ベースのオペレーティング システムにインストールした場合に UMDS を使用できます。UMDS をインストールするマシンには、インターネット接続が必要です。